カードローンとキャッシングは違いがある

カードローンは文字通り発行されたカードを使ってお金を借りるローンです。

キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を利用して、提携ATMからお金を借りる特徴があり、カードローンとは区別されています。

クレジットカードは基本的にショッピングがメインなので、キャッシング機能はどちらかと言うと補助的な役割です。

カードローンはお金を借りることがメインなので、キャッシングより金利が低かったりサービス面で充実している傾向があります。





カードローンの支払い方法






カードローンの毎月の返済額は普通返済期日の借入残高に応じた定額です。ただし、まとめて返済する繰り上げ返済をできる会社もあります。借金を利用するなら、まずは融資額と返済できる金額に注意しておおよその収支計画を立ててみましょう。
借り換えで一本化
低い金利の借り入れにまとめるのが一番ですが、借金の金額がおおきくなると審査をパスできるかどうかの難問がうまれます。ローンを使っていて、いつまでに完済できるか、利息の総合計をかっちりと把握できている方は多くないと思います。おまとめ一本化する場合、総量規制が適用される、消費者金融系でも例外規定が適用されて融資が活用できる場合があります。はじめに借りた金額と返済した金額、さらに月々の返済額といまの借入残高を表にして管理しておくことが良いでしょう。





消費者金融の返済不履行






カードローンの返済不履行や債務不履行でブラックリストに載ると数年の間はローンの借り入れができません。金利が安いローンに借換えるのがおすすめですが、借入額が高額になってくると審査の厳しさの難問がでてきます。数年ものあいだ完済せずに借りたままを継続するのはローン会社に毎月毎月金利を払うことになため多くの場合デメリットが大きいです。法的に融資は総量規制によって年収の1/3以下に制限されていますが銀行カードローンは総量規制対象外なのでキャッシングが可能です。カードローンの年率は限度額に応じて変動しますので100万以下の利用額であれば年13%程度も長期返済する必要がでてきます。消費者キャッシングでは貸金業法で、借入額が50万円以上または合計100万円を超える借り入れのとき、所得証明書の提出が義務付けられていて審査の基準も厳しいようです。。
カードローンの審査に落ちたらここをチェック





ローンを借りていて






カードキャッシングを利用中に返済し終える時期、返済の総額を正しく理解している人は少ないと思います。低い金利のおまとめローンに借換えるのが一番ですが、おまとめ金額が数百万になってくると審査の問題がうまれます。おまとめローンというのは複数の借金を抱えている人に、低金利のローンで複数の借り入れをまとめることで毎月の返済額の金額を少なくすることができるローンです。
カードローン借り換え
長い間完済しないで借入の状態をそのままにしておくのはローン会社に長期間金利手数料がかかっているので金利が大きくなりデメリットが大きいです。多くの場合サラ金を利用する場合、郵便で利用明細が来ますがスマホなどで郵送なしで家族にバレずに利用できるところもあります。カードローンを利用するときは審査がゆるい数万円ほどから利用する人が多いでしょう。





キャッシングの借り換えでカードローンを検討した結果






たくさんの業者からキャッシングを利用しているおかげで、毎月の返済の管理がしにくくなってしまったんです。そこで、カードローンに借り換える方法で、一本化を目指すことを検討してみました。
最初は借りやすさが魅力の消費者金融のカードローンに借り換えようかと考えていたんですが、消費者金融は金利が高いので、あまりお得感がないと感じるようになってきたんです。
その次に検討したのが、銀行のカードローンです。
14時までに申し込むと原則即日審査!イオン銀行カードローンBIGが人気の理由が分かる6つの特徴
銀行系は高くても15%ほどの金利のカードローンがたくさんありますので、これなら借り換えても多くの利息を支払う心配が少なくなります。銀行系は審査が厳しいという噂があったので不安でしたが、申し込んでみると意外にもあっさり審査に通ったのでラッキーでした。





いいカードローンは審査も甘い?



カードローンは審査が厳しいと言われていますが、実際には審査の甘いカードというのも結構あります。

こうしたカードの方が使いやすいですし、すぐにカードを持つことが出来るので便利です。

何もしないよりは遥かに使いやすいカードが手に入ります。



もしカードローンを利用するのであれば、審査の甘い会社を利用してください。

割と簡単に手に入るカードも沢山ありますので、会社を比較しながら良さそうだと思える会社を選び、申込みをするといいです。





銀行が提供するカードローン



カードローンの中でも銀行が提供するカードローンには、ある特徴があります。

それは、融資の枠に大きな制限が存在しないことです。

これには法律的な理由があります。

実は、消費者金融が提供するカードローンと銀行が提供するカードローンではサービスの内容が異なるので、適用される法律が異なるのです。

銀行のサービスは融資の枠が存在しない銀行法というものが適用されますので、銀行のカードローンを利用すれば大きなお金を借りることが出来るようになります。

銀行カードローンにのりかえ





カードローンを使ってキャッシング



私は出張が突然伸びてしまって、しばらくの間ホテル代や滞在費などを自分で工面しておく必要があった際に、カードローンのお世話になりました。

カードローンはカードさえあれば地元から離れている場所であっても簡単にコンビニや銀行に置いてあるATMを通じてお金を借り入れることが出来るので、本当に助かります。

仕事帰りの夜の遅い時間帯であってもカードローンがあれば簡単に現金を用意できるので、旅行や出張の際にはカードローンは手放せません。

前の記事