カードローンとキャッシングは違いがある

カードローンは文字通り発行されたカードを使ってお金を借りるローンです。

キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を利用して、提携ATMからお金を借りる特徴があり、カードローンとは区別されています。

クレジットカードは基本的にショッピングがメインなので、キャッシング機能はどちらかと言うと補助的な役割です。

カードローンはお金を借りることがメインなので、キャッシングより金利が低かったりサービス面で充実している傾向があります。





消費者金融の年率






個人向けフリーローンの金利は借入金額によって変わってきますので100万以下の利用額であれば年間10%以上もかかってくるのです。基本的には貸金業者からの借り入れは総量規制によって年収の1/3までに制限されていますが銀行ローンは総量規制の対象外ですのでおまとめすることができる可能性があります。おまとめローンの審査を受けるには、免許証や給与明細などがいるので事前にそろえておくとすばやく申し込みができます。
プロミスのおまとめローンは即日融資可能です
おまとめローンは多重債務者向けの低金利ローンで複数の債務を一本化することで毎月の返済額の負担を低くする金融商品です。消費者金融系だと法令によって、融資金額が50万円以上または合計100万円を超える場合、源泉徴収票などの所得証明書の確認が必要となるので審査内容も難しくなります。キャッシングを利用するときはとりあえず融資額と収入と支出に注意しながら自分なりの返済予定を立ててみてください。





カードローンの支払い方法






カードローンの毎月の返済額は普通返済期日の借入残高に応じた定額です。ただし、まとめて返済する繰り上げ返済をできる会社もあります。借金を利用するなら、まずは融資額と返済できる金額に注意しておおよその収支計画を立ててみましょう。
借り換えで一本化
低い金利の借り入れにまとめるのが一番ですが、借金の金額がおおきくなると審査をパスできるかどうかの難問がうまれます。ローンを使っていて、いつまでに完済できるか、利息の総合計をかっちりと把握できている方は多くないと思います。おまとめ一本化する場合、総量規制が適用される、消費者金融系でも例外規定が適用されて融資が活用できる場合があります。はじめに借りた金額と返済した金額、さらに月々の返済額といまの借入残高を表にして管理しておくことが良いでしょう。





消費者金融の返済不履行






カードローンの返済不履行や債務不履行でブラックリストに載ると数年の間はローンの借り入れができません。金利が安いローンに借換えるのがおすすめですが、借入額が高額になってくると審査の厳しさの難問がでてきます。数年ものあいだ完済せずに借りたままを継続するのはローン会社に毎月毎月金利を払うことになため多くの場合デメリットが大きいです。法的に融資は総量規制によって年収の1/3以下に制限されていますが銀行カードローンは総量規制対象外なのでキャッシングが可能です。カードローンの年率は限度額に応じて変動しますので100万以下の利用額であれば年13%程度も長期返済する必要がでてきます。消費者キャッシングでは貸金業法で、借入額が50万円以上または合計100万円を超える借り入れのとき、所得証明書の提出が義務付けられていて審査の基準も厳しいようです。。
カードローンの審査に落ちたらここをチェック

前の記事