カードローンとキャッシングは違いがある

カードローンは文字通り発行されたカードを使ってお金を借りるローンです。

キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を利用して、提携ATMからお金を借りる特徴があり、カードローンとは区別されています。

クレジットカードは基本的にショッピングがメインなので、キャッシング機能はどちらかと言うと補助的な役割です。

カードローンはお金を借りることがメインなので、キャッシングより金利が低かったりサービス面で充実している傾向があります。





いいカードローンは審査も甘い?



カードローンは審査が厳しいと言われていますが、実際には審査の甘いカードというのも結構あります。

こうしたカードの方が使いやすいですし、すぐにカードを持つことが出来るので便利です。

何もしないよりは遥かに使いやすいカードが手に入ります。



もしカードローンを利用するのであれば、審査の甘い会社を利用してください。

割と簡単に手に入るカードも沢山ありますので、会社を比較しながら良さそうだと思える会社を選び、申込みをするといいです。





銀行が提供するカードローン



カードローンの中でも銀行が提供するカードローンには、ある特徴があります。

それは、融資の枠に大きな制限が存在しないことです。

これには法律的な理由があります。

実は、消費者金融が提供するカードローンと銀行が提供するカードローンではサービスの内容が異なるので、適用される法律が異なるのです。

銀行のサービスは融資の枠が存在しない銀行法というものが適用されますので、銀行のカードローンを利用すれば大きなお金を借りることが出来るようになります。

銀行カードローンにのりかえ





カードローンを使ってキャッシング



私は出張が突然伸びてしまって、しばらくの間ホテル代や滞在費などを自分で工面しておく必要があった際に、カードローンのお世話になりました。

カードローンはカードさえあれば地元から離れている場所であっても簡単にコンビニや銀行に置いてあるATMを通じてお金を借り入れることが出来るので、本当に助かります。

仕事帰りの夜の遅い時間帯であってもカードローンがあれば簡単に現金を用意できるので、旅行や出張の際にはカードローンは手放せません。

前の記事