銀行が提供するカードローン


カードローンの中でも銀行が提供するカードローンには、ある特徴があります。

それは、融資の枠に大きな制限が存在しないことです。

これには法律的な理由があります。

実は、消費者金融が提供するカードローンと銀行が提供するカードローンではサービスの内容が異なるので、適用される法律が異なるのです。

銀行のサービスは融資の枠が存在しない銀行法というものが適用されますので、銀行のカードローンを利用すれば大きなお金を借りることが出来るようになります。

銀行カードローンにのりかえ

消費者金融の返済不履行や任意整理などでブラックリストに載るとおよそ5年程度はローンを組んだり、クレジットカードの利用ができません。住信SBIネット銀行のミスターカードローンは銀行系カードローンで魅力的な金利でウェブで申し込みOKです。今借りてる金利と比較して借り換えを利用してみるのも選択肢の1つですね。消費者金融は大変使い勝手が良いです。

予想外の支出でお金が足りなくなったときにその日の内に振り込まれるカードローンも登場しています。一般的にはカードローンを借りる場合、郵便で利用明細が来ますがパソコンなどで郵便物なしで借りられる仕組みに切り替えることもできます。

キャッシングの審査を受けるには、本人確認書類や収入証明書がいるので申し込み前に用意しておくとスムーズに借入審査にうつれます。会社員の場合勤務年数が短い場合、審査で落とされる例が多いようですが公務員や大企業の場合では勤務期間が短い場合でも審査に通ったりします。


関連記事


カードローンを使ってキャッシング

私は出張が突然伸びてしまって、しばらくの間ホテル代や滞在費などを自分で工面しておく必要があった際に、カードローンのお世話になりました。 カードローンはカードさ...


カードローンとキャッシングは違いがある

カードローンは文字通り発行されたカードを使ってお金を借りるローンです。 キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を利用して、提携ATMからお金を借りる...


AX